うつ病にかかるリスク

疲れやすい性格で、ストレスのかかる環境で長時間過ごしている人は、よりうつ病にかかりやすいようです。

うつ病にかかるリスク

うつ病の診察を受ける人は増加傾向にあり、近年では一生のうち15人に1人はかかるそうです。

ですから、うつ病は決して珍しくも稀でもなく、誰でもかかる可能性がある疾患であるといってもいいでしょう。

うつ病も他の疾患と同様、軽い症状から重い症状までと、いろいろなレベルがありますが、共通している原因は心が疲れてしまったことです。

つまり、疲れやすい性格の人ほど、うつ病にかかるリスクが高いということなのです。

うつ病になりやすい性格としてあげられうのは、頑固、几帳面、完璧主義、そして真面目と、物事に対してきちんとした態度であるのは素晴らしいことなのですが、融通が利かず柔軟性に欠けるため行き詰まり、疲れを感じることが多くなってしまうのです。

そして、うつ病にかかるリスクは、性格的なことだけではなく、環境的なこともあります。

仕事、職場、家庭などがストレスのかかる環境ですと、溜まったストレスがきっかけでうつ病を発症することが多くあるのです。

このような環境化におかれているであれば、うつ病について知り、自分に合ったストレス解消のテクニックを身に付けることが非常に重要となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加